2020年09月07日

空想パーラー

カフェ派ではないお話。。。
大正時代みたいにパーラーってものがあるとして
パーラーっていうのは、

ジュース飲むところ

だったらしい。。。
大正時代にはコーヒーってものは
くそ不味いとされていたらしいがそれはこんなブログではどうでもいい<m(__)m>
そのパーラーには

女の子同士

でたまに行っては騒ぐというものだったらしいが
現代にもそれがあったとして
もしかしたら!!

Yとデート(^▽^)/

とか言うボクの勝手な発想によるものとして!
鬼のしごきについて行けるようになり。。。
Yにも認められての一緒に、

クリームソーダ

飲むとか( ̄ー ̄)ニヤリ
ほんとYには勝手な空想ごめん!!
って言いたいけどなんか言えないですがカンベン!!
まぁ、人生が夢うたかたの如くなら
ソーダの下から浮き上がってくる炭酸の泡のように消えても。。。
と思いがちだがそんなに割り切りよく死ねもしないものとか(´;ω;`)
そこでYは少し大きめのグラスの上に浮いてる

乳脂肪分高めの

アイスクリーム

を崩し始めた。。。
少し上品に飲んではナッツを店員さんに頼む。。。
このYという人はボクのようなタイプに頭を全く使わせない!

(ついてきな。。。犬)

くらいのもの(笑)
本来なら友達の女の子だけで来てひと時の団欒を組むはずなのに
相手がボクの場合があるなんて。。。
いや。。。あるかも。。。すでに男性としてみていないとか。
まぁそんなこんなだったがナンシーが一緒で良かった。
ナンシーとYは親子だが懐かしの話も踏まえて大人の会話をしていた。
ボクは、一緒にいて女性なら絶対恥ずかしい
クリームソーダの飲み方をしていたが本人はその粗野さに気付かないという( ´艸`)
ですが、最近のボクはやっと認められてきた段階でこう話を振られた。。。

絵。。。

頑張ってる

とね。。。頑張ろうと思ってもいつもは頑張れないというと

「そんなもんだ~!」

とナンシーとYは顔を見合わせていっている。

「ちょっとずつでいいよ♡」

っていう風にいつも通り甘やかされる
ボクではあったが

まさかYまで。。。

ということではあった。。。
しかし最近のボクはYに会話を求める、でしゃばろうとすることを止めていた。
発言権が頭のおかしい人にはないとか( ´艸`)
しかしその頭のおかしい人の

発想力

には一目置いているから
ちょっとジュースにでも付き合わないかい、ってなるという。。。
なんか、読んでもらう価値があるかどうかも
そのファンシィおもろい!って言ってもらえるかどうかも微妙になってしまったが

日刊

ってことで少しギリギリの精神状態で書かせていただいた次第です<m(__)m>
調子のいい日もあろうけれども僕ってそんなに才能はないです<m(__)m>
毎日、働いている皆さんにはかなわないのは当然のことですが
こんなヤツの空想で少し楽しんでいただけたら、という意図のこのサイトです<m(__)m>

GOOD LUCK!!

新規キャンバスa0013.png
posted by 小此木昌孝 at 19:49| Comment(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください