2020年12月27日

こんな夢を見た

例えばの話になります<m(__)m>

巨大精神病院K

が、とある市と市にまたがるくらい大きいとして、
そんな大きなビルだとして(例えばです)
その左足の窓口みたいなのが、

ムーニーの家の実家

とかいう夢を見ました。
巨大ビルをなんとかして降りてると。。。
左に曲がりながら。。。

実家なんだけど
巨大精神病院の左足のような窓口という。。。
そこでこの、

ナンシー

の家、コーポれおにどうも
巨大病院の専用医務室なのかなっていう。。。
その巨大ビルの中の一室に、

医療保育の

エキスパート

ナンシー医師

がいて。。。
そこでずっと治療を受けるムーニーがいて。。。
。。。。。。。
。。。。。
。。。
そういう、

LUCKY

なところっていつも
弱々しくて小さいもの、というね。。。
なにやらホントに小さくて
頼りないんだけどそこがもしかしたら

小此木ベース教会

とかなのかなっていう。。。
今のところ二人ぼっちのベース(基地)は大丈夫ですが
何か買い出しに行かなきゃいけない時に身の危険を感じますし、
季節はもう冬です。。。今年はさらに寒いような気がしますが何となく着てみた、

喪服

がアウターも羽織ってないのに妙に温かくて。。。
ぼぉ~~っとしちゃいました。。。

あったけ~

ってそのまんま寝ようとしたらやっぱりナンシーに怒られて。。。
いや?急に喪服で変身すると、

カッコいいな!

って強い口調で褒めてくれたのですがね(∀`*ゞ)エヘヘ
この人、ナンシーは非常に、耳、声、の人でありまして
ムーニーよりもずっと歌がうまかったという、

4オクターブ先生

なんですがその声をつぶしてまで煙草を吸うという。。。なんだかなぁ???
の人ですが自己犠牲の賜物がクリスチャンの天国チケットだっていうんなら
( ,,`・ω・´)ンンン?ん~~~!んん~~~~!!
。。。。。。。
。。。。。
。。。
そうかぁ。。。
細かいキリスト教の勉強もしてるのですが
意識改革みたいなことは、

死ねる!!

っていう言葉のモチベーションを
理解というよりも無意識的にでも刷り込まなきゃホントに、

創価学会辞めた

っていえんぜよ(´;ω;`)
創価学会さんのご神体というか祈る対象、紙に書かれた文字群、

ご本尊様

というものを納得済みで破っているが
なによりかによりナンシーのほうが、
ナンシー一人のほうが、

信じる
愛する

ことが出来ただけでした<m(__)m>
かなり甘やかして愛人だらけにしようとするところが
創価学会にはあったように思えますが
それって人の感情無視
しすぎてないかと思います<m(__)m>
何となく着てみた、

喪服

が温かいっていうのは
とある声が聞こえたからです。。。

(何を言っても人が死ぬ

指を使えばなおさらだ

そういう人はいつも覚悟の

一張羅しなさい)

とかね???
あ~!あ~~~!!
いつも通りアホすぎるっていうんですよね!!
でもボク!アホだもん!!バカは死ななきゃ治らない、ってね☆
そこで、馬は鹿をなめるな!!とかね( ̄ー ̄)ニヤリ
アウター、いらないっていうのは

物質主義的

でもない、心、だったり、愛、のような気がしました(^▽^)/
縁起でもないのですぐ脱がされましたが
今は権力闘争が激しいのでそこで夢の話は終わりにします。


啓示 21章 第5節

「書きなさい」「真実」


。。。ということですが
炎上しないテクニックが全然ダメです。。。
仏教徒はクリスチャンにいつも言われます、

黙れ

と。。。
昼間に掃除機かけてても、

炎上

床を磨いてても、

炎上

弱ってしまって足腰立たないナンシーに
ご飯作ってあげてても、

炎上

ってどういうことですか???
それと一番良くないのが、

黙らないこと

なんですよね(´;ω;`)
黙っていれば、ナンシーを信じて、愛していれば、
奇跡を目にしました。。。

ぷつ!

っていう擬音と共にかすかにハッキリと
ナンシーとムーニーの心の壁ともいえるような日本風の引き戸が開くのを。。。
それは機械仕掛けでも、コンピュータ制御でもなさそうです。。。
他にも事例はあります。。。
理屈ではない意味で、

恐れない
愛す
信じる

疑わない

ということをやっていってると?
キリスト教です!

すみやかに来る

のですよ!ナンシーは!!
ボクが元いた、

創価学会

では、

真・善・美

ではなく

美・利・善

と、利益観念を新しい宗教革命として
愛、マコト、というものを軽んじさせるという
ボクや、ナンシーのようなタイプに受け入れがたい宗教でした。
でもどこに行ってもわかりきってることは
わかりきってしまったことは二人とも、


だということですね。
仕方なくはあります、生まれたての頃から美味しそうで
身体的数値が高いですから。。。それって食べた時の
栄養価値みたいなものですよね(´;ω;`)
全くもって救われない人達の救い合い、慰め合い、
邪魔してなにが、

幸福の宗教

なんですか???
生きてるだけで、

痛いよ。。。

なんかしてるだけで、

恐いよ。。。

そして、
なにもするなって、

言われるよ。。。

ここは人の心に訴えかけますが
女性だったら、

月に一度
いっぱい呼び込むことはあっても
一人しか待ってない

っていうのはわかると思うのですが。。。
それが厳しい意味での女性の
男性に対するヤキモチになるのは

自然

なんじゃないですかね?
だいたい、女性に嫌われてから

幸福

も何もかもなくすようになると思うんですが???

蚊に噛まれたくない
ハエにたかられたくない

って思って何がいけないんですか???
子どもみたいっていえばいいですけど。。。

解せないよ(´;ω;`)

そこで間もなく来るであろう
パラダイスのカタチについてなんですけど、

義・公正・力

をベースに、それを忘れずに踏まえて、


っていうのは絶対、野蛮なカオス状態ではないと思うんですが???
まぁ、現実的ではないんですね。。。ガキは、

沈黙します


(アーメン)


posted by 小此木昌孝 at 08:27| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください